理念

夢風船は、障がいをもった当事者が中心となって、地域の障がい者の自立生活をサポートするところです。

代表、事務局長といった組織の顔と頭脳になるポジションは障がい者であること、会の最高決定機関である役員会の過半数は障がい者であることなどを規定し、当事者性を重視しています。